動画サイト経由

万力を用いたゴマからの搾油

市販の皮むきゴマを使って搾油を行いました。
皮むきゴマ30gを2分ほどすり、7gの水を加えて加熱します。
加熱後は速やかに保存パック・万力にセットして搾油を行います。
ゴマが冷めてしまうと搾油量も減ってしまいますので、
万力に混雑がおきないようにしたいところです。

動画では油が出てくる瞬間はあえて省略していますが、
慣れている大学生だと1度で4.5g程度を搾油できます。
ゴマの含油率は50%程度であり、30gのゴマには15g程度の油が含まれていますので、30%程度の油を搾れている計算になります。

※油を回収するために、今回は保存パックを使いました。
小さい方の保存パックは189mm×177mm、
大きい方の保存パックは273mm×268mmでした。

※ゴマをする工程はミキサーでも代用可能です。
また、皮むきヒマワリをミキサーで粉砕しての搾油も同様にできます。

 

youtubeの閲覧ができない場合はQRコードをご利用ください。

 

参考:THE MAKING (169)ごま油とラー油ができるまで

工業的な搾油の工程はこちらで見ることができます。