オンライン研究会 開催します!

2022年3月6日(日)13:00〜16:30

zoomによる生活科・総合的な学習の時間の充実に向けたオンライン研究会を開催します(参加費無料)。
滋賀大学「せいかつ・そうごう」研究会と共催で、「生物育成を核とした生活科・総合的な学習の時間」をテーマとして、実践・研究発表、講演を行います。

また、実践・研究発表や講師講話の中には質疑・応答の機会も設けます。たくさんの方のご参加をお待ちしております。

詳しくは,以下のリンクからどうぞ。

https://www.edu.shiga-u.ac.jp/news/18063/

お申し込みは,以下のリンクからどうぞ。

https://forms.office.com/r/QVxda8HLaN

 

 

新着情報
キュウリの一本仕立ての栽培です。 親づるは25節で摘心,子づる,孫づるはそれぞれ2節で摘心します。 収穫終盤のキュウリの姿・形はどのようになっているでしょうか。 なかなかイメージできませんので,動画で紹介しています。 youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。
キュウリの生育が進むと親づるに加え,子づるも伸びてきます。収穫も始まります。 子づるの管理や収穫,収穫時に気を付けることなどを解説しています。   youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。
この動画では追肥の方法と中耕について紹介しています。   キュウリやピーマン,ナスでは初収穫時に追肥を行います。 ここでは一株当たり窒素成分で3g/m2を施肥しました(化成肥料8-8-8を15g)。   また露地栽培では、うねが雨に打たれて硬くしまって、雑草も生えてきます。 これらの土壌環境を改善するため中耕を行います。   youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。 
キュウリの”一本仕立て”について紹介しています。 仮支柱から本支柱への切り替え,誘引のコツ,子づるの整枝方法です。 今回は親づる25節で摘心,子づるは各2節で摘心の方法です。狭い範囲でも,支柱一本でキュウリが栽培できます。 ぜひチャレンジしてみてください。 (動画は長崎で2020年5月19日に撮影したものです)   youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。 
ブログ
2021/04/14
パブリック
4月下旬から5月にかけて夏野菜の栽培が始まります。 野菜の栽培にあたり,うねを作る必要があります。今回はその ”うね” の作り方について紹介しています。 youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。