新着情報
この動画では追肥の方法と中耕について紹介しています。   キュウリやピーマン,ナスでは初収穫時に追肥を行います。 ここでは一株当たり窒素成分で3g/m2を施肥しました(化成肥料8-8-8を15g)。   また露地栽培ではうねが雨に打たれて硬くしまっています。雑草も生えてきます。 これら土壌環境を改善するため中耕を行います。  
キュウリの”一本仕立て”について紹介しています。 仮支柱から本支柱への切り替え,誘引のコツ,子づるの整枝方法です。 今回は親づる25節で摘心,子づるは各2節で摘心の方法です。狭い範囲でも,支柱一本でキュウリが栽培できます。 ぜひチャレンジしてみてください。 (動画は長崎で2020年5月19日に撮影したものです)  
ブログ
04/14
パブリック
4月下旬から5月にかけて夏野菜の栽培が始まります。 野菜の栽培にあたり,うねを作る必要があります。今回はそのうねの作り方について紹介しています。
ブログ
03/22
パブリック
容器栽培について,用土のブレンド,定植,かん水など一連の作業を紹介しています。 今回もゴーヤの栽培(グリーンカーテン)を例にしています。
ブログ
03/22
パブリック
容器栽培について,用いる土や容器について解説しています。 今回はゴーヤの栽培(グリーンカーテン)についてです。  
ブログ
01/31
パブリック
豆腐作り 弘前大学教育学部 勝川健三 弘前大学教育学部の授業科目「栽培実習Ⅰ」「栽培実習Ⅱ」では,「農産物の利用」として,自ら育て収穫したダイズから豆腐を作り,栽培から利用までのカリキュラムを実践しています。 なお,豆腐の作り方は,実教出版「農業と環境」を参考にしています。 豆腐作り.pdf
学内に生育しているスギの間伐作業です。 福岡教育大学で開催されたセミナーにて行いました。(2015.11.7) 実演指導 大内毅教授(技術教育講座) (スギの伐採は大学の許可を得て行っています。)
文科省「学校環境衛生基準」によると、「教室等の環境のうち温度は17°C以上28°C以下であることが望ましい」とあります。これは、栽培に光要求度の少ない作物を選択すれば、この温度環境ならば十分に生育が可能であることを示唆しています。 このような環境で栽培が可能な作物にチューリップがあります。チューリップは「学校環境衛生基準」に示される教室の光環境(下限値300ルクス)でも開花までの栽培が可能です。 充実したチューリップ球根を秋に入手、家庭用冷蔵庫に10〜12週間貯蔵後、水耕栽培を普通教室で行えば、品種にもよりますが30日から40日で開花させることが可能です。 技術分野の教科書2社にも「実践的・体験的な学習の具体例」として「低温処理によるチューリップとパンジーの寄せ植え」「チューリップの促成栽培」が挙げられています。 水耕栽培ならば、積雪のため屋外で学習ができない地域でも学習が可能となるほか、普通教室内の景観形成にも寄与します。 本画像は、普通教室の温度環境をシミュレートした空間でチューリップの水耕促成栽培を定点観察したものです。
ブログ
2020/02/19
パブリック
他のエントリでも紹介されているように、コキアは色々と魅力的な植物です。 札幌校の圃場で栽培し、その発芽から紅葉までを微速度撮影してみました。夜間だったり、カメラに朝露が付着していたりで見づらい時間帯はカットしています。撮影の力不足でコキアの可愛らしさが十分に表現できていないかもしれません。気になる人は実際に育ててみましょう。 youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。