新着情報
土づくりの方法を紹介します。   材料:黒土,赤玉土(細粒),バーミキュライト,植物系堆肥(または腐葉土),厚手のビニール袋(大),計量カップ キーワード:つちづくり,混合土,赤土,たい肥,肥料   埼玉大学:荒木祐二(監修),大学院生:木村僚,渡邉昌,霜田航貴,島﨑幹大 2022年2月作成
かん水(水やり)の方法を紹介します。 ・かん水   ・(補足)排水を促すウォータースペース   材料:じょうろ,プランター,土 キーワード:潅水,水遣り,ウォータースペース,散水,ジョーロ,ジョウロ   埼玉大学:荒木祐二(監修),大学院生:木村僚,渡邉昌,霜田航貴,島﨑幹大 2022年2月作成
種まきの方法を紹介します。   ・すじまき   ・ばらまき    ・点まき   ・(補足)封筒を使った種まきの工夫   材料:プランター,土,種子,割りばし,マジックペン,封筒,鉛筆 キーワード:たねまき,播種,ばら播き,散播,筋まき,条播,てんまき,点播   埼玉大学:荒木祐二(監修),大学院生:木村僚,渡邉昌,霜田航貴,島﨑幹大 2022年2月作成
発芽後の間引きの方法を紹介します。     材料:はさみ,ピンセット キーワード:まびき,間びき,抜き取り,競合作用,助け合い効果   埼玉大学:荒木祐二(監修),大学院生:木村僚,渡邉昌,霜田航貴,島﨑幹大 2022年2月作成
キュウリの一本仕立ての栽培です。 親づるは25節で摘心,子づる,孫づるはそれぞれ2節で摘心します。 収穫終盤のキュウリの姿・形はどのようになっているでしょうか。 なかなかイメージできませんので,動画で紹介しています。 youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。
キュウリの生育が進むと親づるに加え,子づるも伸びてきます。収穫も始まります。 子づるの管理や収穫,収穫時に気を付けることなどを解説しています。   youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。
この動画では追肥の方法と中耕について紹介しています。   キュウリやピーマン,ナスでは初収穫時に追肥を行います。 ここでは一株当たり窒素成分で3g/m2を施肥しました(化成肥料8-8-8を15g)。   また露地栽培では、うねが雨に打たれて硬くしまって、雑草も生えてきます。 これらの土壌環境を改善するため中耕を行います。   youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。 
キュウリの”一本仕立て”について紹介しています。 仮支柱から本支柱への切り替え,誘引のコツ,子づるの整枝方法です。 今回は親づる25節で摘心,子づるは各2節で摘心の方法です。狭い範囲でも,支柱一本でキュウリが栽培できます。 ぜひチャレンジしてみてください。 (動画は長崎で2020年5月19日に撮影したものです)   youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。 
ブログ
2021/04/14
パブリック
4月下旬から5月にかけて夏野菜の栽培が始まります。 野菜の栽培にあたり,うねを作る必要があります。今回はその ”うね” の作り方について紹介しています。 youtubeが閲覧出来ない場合は、QRコードをご利用ください。