動画サイト経由

タグ:栽培管理

管理機による耕耘・畝たて・培土

 

耕耘・畝たて・培土について、一般に農家圃場ではトラクターで、学校園ではスコップやクワを用いた手作業で行われています。
しかし、面積の大きい学校園の場合、人力での作業は負荷が大きいことが問題です。

一つ目の動画で小型のトラクターともいえる管理機について簡単に紹介し、耕耘を実演します。

二つ目の動画では管理機にアタッチメントをつけ、畝たて・培土を実演します。

一つ目の動画のQRコードです。

2つ目の動画のQRコードです。

手作業での耕起・畝たて

0

化成肥料の計量(実演)

北海道教育大学札幌校では化成肥料は単肥から測り取ることにしています。
今回はイネ1㎡の肥料を単肥で測り取るという設定で実演を行いました。

特段変わったテクニックはありませんが、少しでも参考になれば幸いです。

※動画の最後にボウル内で肥料を撹拌している様子がありますが、これは別日に撮影したものを参考程度に示したものになります。

化成肥料の計量

複合肥料の計量

動画を閲覧できない場合はQRコードをご利用ください。

 

0

ジャガイモの浴光催芽

ジャガイモの種イモは、入手した段階では芽が出ていないことが多いです。成長に適した時期に芽を出せるよう、水・酸素・温度の基本条件がそろっても発芽しない状態(休眠状態)になっているのです。
そこで、種イモを入手したら、植え付けの2~3週間前から気温の高い場所で待機をさせてあげます。すると、温度に反応して休眠が解除され、芽を成長させながら植えつけの日まで待機することができます。
ジャガイモの初期生育を促進しつつ、個体差を小さくすることができます。
なお、ここでジャガイモに光があたるようにする必要があります。真っ暗な中で加温すると、地中だと思いこんでその場で芽を伸ばしてしまうのです。

0

ヒマワリの摘心

 

頂芽を摘み取る摘心を行うと脇芽の成長を促すことができます。
花を一つしかつけないヒマワリに摘心を行うと、成長にどのような変化があるでしょう?

実験を動画にしました。

※途中の摘心処理のパートが早すぎたため、再編集してアップしなおしました(2019/08/29)

youtubeの閲覧ができない場合はQRコードをご利用ください。

0